04≪ 2008/05 ≫06
12345678910111213141516171819202122232425262728293031
個別記事の管理2008-05-29 (Thu)
 「えへっ







「か・・・かわいい!!」と思ってくれた皆さんっ!!ピヨッと、応援のワンクリックをお願いします



「そらいもとの出会い。その④のつづき。」



そらちゃんをお迎えすることが決まってから、私は毎日毎日そらちゃんのことばかりを想って過ごしていました。オカメインコの本ばかりを見てはため息をつき、人様のブログを渡り歩いては、オカメちゃんの動画や写真、そして、○○ちゃんがどうしたこうしたというのをうらやましく、また、そらちゃんもそうなるのかな、などと想いをはせて、夢と妄想にとりつかれていたのでした。



ペットショップのお姉さんは、ゴールデンウィーク前にはお渡しできるでしょうとは言っておりましたが、はっきりと何日とは分からなかったので、余計にいつになるのか、いつになるのか、とそわそわしていました。



そらちゃんは、ちょうどその時、すでにひとり餌になったばかりくらいでしたので、すぐにお迎えすることもでたと思いますが、そのお店が鳥さんお渡し前の健康診断を薦めており、また私たちも、やはりそらちゃんに元気に我が家へきてほしいという願いがありましたので、お願いすることにしたのです。



ひとり餌のそらちゃんでさえ、こんなに待たなくてはならいないのだから、さし餌の子だったらきっともっと待たなくてはならなかったかと思うと(このお店の方針が、オカメインコは基本的にひとり餌になってからのお渡しのため)、そらちゃんがひとり餌の子で本当によかったと思うのでした。



不思議なもので、まだお迎えが決まったとういうだけで、まだ一緒の生活がはじまってもいなかったにも関わらず、あの子がうちの子になるんだぁ、と思うと、もう愛情がふくれあがって、待ち遠しくて仕方なくなってしまうんですね。



そういうわけで、まだお迎えできないとは分かっていながらも、早く会いたいという想いを募らせ、次の週にはもうそらちゃんに会いに行きました(これじゃ、まるで片思いのようですな・・・)。



愛しい愛しい、そらちゃんに一週間ぶりの感動の再会をはたすと(わずか一週間で、ほんの少し大きくなっている気がしました)、必要なケージやらヒーターやらもそろっていなかったので、それらを購入するつもりで店内をうろうろしておりました。



すると、このあいだの担当のお姉さんがやってきて、「今日あたり、獣医さんと連絡が取れたら、健康診断に連れて行こうと思ってるんです、あまり天気がよくないので様子を見ながらですけど」、と言いました。



やったぁ♪お迎えの日も近いかな、と喜びつつ、その日はそらちゃんグッツを色々と買って帰りました。



すると、その日の夜、な・・・なんともう電話がかかってきて、お迎えOKとの連絡がありました。私は、早くても、もうあと一週間後くらいかな、と思っていたので、天にも昇るような気持ちになりました。さすがにその日はもう夜で、お店も閉まってしまうので、次の日さっそく、どきどきわくわくしながらお迎えに行きました。



小雨が降るか降らないか、とういうお天気。気温もまだ少し寒かったように思います。本には、お迎えはお天気の良い日に、とあるのですが、おバカな飼い主はたった一日でも待てないとばかりに、鼻息荒く、そらちゃんをお迎えにゆくのでした。



そらちゃんを運ぶケースを入れるのになんともぴったりな感じのエコバッグを持ち、途中でポッカイロを買って(季節はずれだったので、しょぼいのしかなかった)、「そらちゃーん、お迎えにきまちたよぉ~♪」と、心の中で叫び、いざ店内へ!!



まずは、これまでに食べていたという餌と、しばらく生活することになる新しいプラケースも買いました。そして、そらちゃんを中心にして、説明や体調の確認、そして羽と爪も切ってもらって、準備完了!!巣立ちです。



いよいよ、そら様が我が家に来るんだよ・・・



タイミングの悪いことに、小雨が降りだしていたので、傘を持たなければならず、しかも風がなかなか強かったので、こりゃー私がそらちゃんを持ったら危ないと思い、そらちゃん役はKくんにお任せしました。



運ばれるときの揺れや、移動のときの電車の音など、大丈夫だろうかとふたりで心配しながら、そろーりそろーりと自宅へ直帰致しました。



さぁ、我が家だよ。今日から、ここがそらちゃんのおうちなるんだよ。そう話かけられたそらちゃんは、不思議そうにあたりを見つめておりました。



長旅にもかかわらず、わりと元気そうにしているねぇ、オカメインコは神経の細い子が多いと聞いてはいたけど、この子はけっこう強い子なのかな~、などと楽観的な私は、その時考えておりました。しかし、そらちゃんも例外ではないことを、その後1ヵ月と経たないうちに実感することになるのでした。



なにはともあれ、2008年4月19日土曜日、そらはめでたく我が家の一員となりました




「そらの体重が減っていく。」につづく。

web拍手 by FC2

Theme : 鳥さんとの暮らし * Genre : ペット * Category : オカメインコのそら
* Comment : (0) * Trackback : (0) |
個別記事の管理2008-05-26 (Mon)
 「う~ん、うまうまっ

 「そらいもちゃん、いっぱい食べるようになったね。いいこだね









ごはんをもりもり食べるようになったそらいもちゃんに、ごほうびのワンクリックをお願いします♪



「そらいもちゃんとの出会い。その③のつづき。」



さて、オカメルームで我が家のオカメちゃんになる子を探すことしばらく、何羽か候補の子が出てきました。



そして・・・、ひときわこちらへアピールを送ってくる子がいたのです。



右上の方の棚に置かれたケースの中にいたその子は、私たちが気になるらしく、落ち着かない様子でこちらを見ながらパタパタしておりました。



おや、この子は元気がいいなぁ、なつっこいのかなぁ、と思い、ケースごしにKくんが指をちょいちょいやってみせました。ところが、こちらを気にしていたわりに、怖がってうしろの方へと逃げてゆきました。あれれ、やっぱり警戒心が強いのかな、と思いました。



しかし、しばらくするとまたこちらの方へやってきて、なにやらアピールしてくるのです。しかも、手前には水入れがあったにもかかわらず、そこへ乗って、たまにズボッとあしをつっこみながらも、必死にこちらを見てくるのです。なんだぁ、この子は~!?と、私もKくんも思わず笑ってしまい、すごく惹かれてしまいました。



ほかの子も見ている間にも、こちらを見ているので、また指をちょいちょいやると、また少しあとずさり・・・。何度も、そんなことをくり返しました。そして、そのうちに指をやっても逃げなくなりました。不思議なことに、鳥さんのことをほとんど何も知らない私とKくんでしたが、ほんの少しのあいだに、その子を好きになっていました。



すぐになれるわけでもなく、すぐに逃げるわけでもない。好奇心は強いけれど、人見知り、そんな性格の子に私は少なからず親近感を覚えていました。私と、ちょっと似てるなぁ、と思いました。



それが、そらちゃんでした。



模様も希望していたパールパイド。白い部分が多めで、グレイのパールが入り、大変好みの毛色でした。パール模様の部分もとてもきれいで左右対称。チャームポイントのほっぺもしっかりオレンジのまんまるで文句なし。



しかも・・・、ダッコさせてもらってよく見てみると、冠羽のところに縦にキズのようなものがある・・・。実際には、キズではなく、そういう色なのだと思いますが、この子がこの子だとすぐに分かる印だなぁ、と思い、そこも気に入りました。



それから、なんとなーく、おめめがたれている感じがしました。まんまるだけど、ちょっとだけ、たれおめめ。



初めてその子をダッコしたのに、すごくすごくかわいくなってしまいました。



肝心の相性も、なんだかすごく良いような気がしてきました。



そして、お誕生日を聞くと、なんと2月の下旬とのこと。私もKくんも2月生まれなので、あぁ、もう、この子で決まりだな、とその時Kくんは思ったそうです。



私も、とっても気に入り、この子を我が家の一員に迎えよう、と決断したのでした。



しかし、お迎え前には健康診断等があるため、その日すぐには一緒に帰ることはできません。そらちゃんが我が家にやってくるまでの日々は、私にとって非常にもんもんとした、へびの生殺しのような毎日なのでした。



「そらちゃんをお迎えに行く日。」につづく。


web拍手 by FC2

Theme : 鳥さんとの暮らし * Genre : ペット * Category : オカメインコのそら
* Comment : (0) * Trackback : (0) |
個別記事の管理2008-05-22 (Thu)
 「ん?」



オカメちゃんがいっぱいですっ。応援よろしくお願いします



「そらいもちゃんとの出会い。その②」のつづき。



話は少し変わりますが、私とKくんがオカメちゃんをお迎えするにあたって話合った際、私はさし餌の子(人がごはんをあげている段階の子)がいいと言いました。その方がずっとなついてくれると思ったからです。ところが、Kくんは生き物だから、もう少し大きくなった子(ひとりで餌が食べられるようになった子)の方が安心なんじゃないの?と言いました。



私は、えー・・・イヤだ!と内心思いました。でも、Kくんは言いました。



「人は人のエゴで鳥さんをペットとして飼うのだから、野生で暮らすのとは違っても、最善の方法で育ててやらないくてはいけない。生き物なのだから、失敗したではすまされない。絶対に死なせてしまうようなことをしてはいけない。」



これを聞いて私は、確かにそうだな、私はオカメインコの飼育は初心者だし、鳥さん自体飼ったことないのだから、ひとり餌の子にした方がいいかもしれないと思いました。



しかも、このペットショップでは、オカメインコの飼育はほかの鳥さんよりも難しく、そのため基本的にはひとり餌になってからのお渡し、とういう方針です。



初心者な上に、ほかの鳥さんよりもデリケートなオカメのさし餌ヒナを、絶対に死なせたりすることなく育てらる自信なんてありません。やはり、オカメちゃんのことを考えて、ひとり餌の子にしようと決めました。



今考えても、ひとり餌になってから、オカメちゃんをお迎えしてよかったと思います。ひとり餌の子でさえ、とてもデリケートで、神経を使います。オカメインコのヒナを育てるのは、とても難しいそうで、残念ながらうまく育てられなかったという人を見かけることが少なからずあります。初心者の人はもちろん、ほかの鳥さんを育てたことがある人も、オカメは別ものと考えて、これから飼おうと考えている人はぜひ参考にしてみて下さい。ひとり餌になってからお迎えしても十分なついてくれます。うちのそらも、まだ我が家にきて1ヵ月ほどしかたっておりませんが、だいぶなついてきてくれています。





さて、話は前回のつづきに戻りまして、オカメルームでどの子にしようかと悩む私とKくんです。



オカメちゃんたちを眺めながら、「本に書いてあったように、人懐っこそうな子がいいね」、とふたりで話しました。オカメちゃんの前で話しかけながら、指をちょこちょこ動かしてみました。すると、何羽かの子が、なかなかよい反応を返してくれたのです。



私のわがままですが、ひとり餌の子と決めても、やっぱりできるだけ生後まもない方がいいな、などと思っておりました。そのため、生後3ヵ月以上の子たちを気に入った様子で見ているKくんに、あっちのちいさい子たちのいる棚の中から選びたいと主張しました。ということで、反応を示してくれる子のうち、さらにより幼い子に絞り込みました。



(今思うと、大きくなってきた子でも、愛情をそそいで育てれば、ちゃんとなつくんですよねぇ。しかも、手乗りで育てられている場合、ヒナヒナよりも、少しくらい大きくなった子の方が、反応を示しやすい、または異なった反応を示すように感じらるのは、考えてみればあたりまえのことです。さし餌の子と、ひとり餌の子では、なおさら違います。だから、年の違う子で反応の違いを比べても、正確な判断なんてできないように思います。鳥さんの成長は早いので、数週間の違いでも大きいんですね。なにが大事なのかというと、やはり縁と、この子がいい!!というインスピレーション、または、相性なのでしょうね。)



そうしているうちに、Kくんが2、3羽を選び、この子たちのうちのどこ子かがいいなぁ」と、言いました。




「そらいもちゃんとの出会い。その④」につづく。

web拍手 by FC2

Theme : 鳥さんとの暮らし * Genre : ペット * Category : オカメインコのそら
* Comment : (0) * Trackback : (0) |
個別記事の管理2008-05-21 (Wed)
 「じ~・・・っ。」







ぽちっとワンクリック。ステキな何かが見えてきます



「そらいもちゃんとの出会い。その①」のつづき。



さて、小動物専門のペットショップへ行って、HPの写真で見て目をつけていた子を見せてもらうことになりました。



お店のお姉さんはオカメルームからケースごとその子を運んできて、何の心の準備もできていない私に、手慣れた様子で「はいっ」と、私の手の上に乗せてくれまました。



「ぅおぃおぃ、鳥さんだっこするのこれが初めてなのに、こんないきなり簡単にダッコしていいんでSky!?」と、心の中で叫びましたが、鳥さんはすでにもう私のてのひらの中でした。ドキドキしている私の気持ちを感じたのか、ひょいっとそのオカメちゃんは床の方へとこぼれ落ちていってしまいました。



「あー!!落としたっ落としたっ大丈夫!?」と焦っている私をよそに、お姉さんは、普通にその子を拾いにゆきました(ケガはなかったようです。赤ちゃんで羽を切られていても多少は飛べるみたいですね)。



「この子はまだ人の手からごはんをもらっているので、人の手をみると興奮しちゃうのかもしれません。」と、いうような説明を受けました。そんなもんかねと思いつつも、私は軽くショックを受け、あんまり相性よくないのかな?なんて、感じていました。



ついでにもう一羽見せてもらっていましたが、この子もひらひら~っと、飛んでいってしまいました(鳥さんの飛び立ちにビビる私・・・)。



うーん、どちらもかわいいけれど、これといった決め手がないために私もKくんも決めることができませんでした。ちょっと他の子も見てみます」と、言って、オカメルームへ戻りました。



ルチノーか、パールパイドか、シナモンパールパイド~、っと覚えたてオカメの毛色の種類をとなえながら見渡します。



するとKくんが、白オカメもかわいいけど、やっぱり少しグレーの模様が入ってる方がいいな、と言いました。



なにーっ!?そうだよね!!実は、同じことを思っていた私は、歓喜しました。



やったぁ。意見が一致した、と思ったとろで、候補をしぼって、我が家の子になる愛しいオカメちゃんを探しを再開しました。




「そらいもちゃんとの出会い。その③へつづく。」



web拍手 by FC2

Theme : 鳥さんとの暮らし * Genre : ペット * Category : オカメインコのそら
* Comment : (0) * Trackback : (0) |
個別記事の管理2008-05-20 (Tue)
 「ぽけーっ・・・。」



まだまだかわいいオカメちゃんがたくさんいますよっ



「オカメインコをお迎えすることになったきっかけ。その③」のつづき。



「オカメインコをお迎えすることになったきっかけ。その③」でも書きましたように、そらいもは、インターネットで探した小動物専門のペットショップからやってきました。



そのお店では、インターネットのHP上にも一羽一羽、写真付で紹介されているので、オカメちゃんをお迎えする前から見ることができます。



私も、そろいもをお迎えする前からちょこちょこチェックしいて、その中に、この子かわいいなぁ、この子がいいなぁ、と思うオカメちゃんがおりました。コロッとモチッしたパールパイドの子で、紹介文にも「体格大きめでしっかりしています。初めて飼われる方にもおすすめです。」とあったので、その写真をKくんにも見てもらって相談しました。じゃぁ、実際に見に行ってみようということで、休日一緒にペットショップへ行きました。



そのお店は、そんなに広さはないものの、珍しい小動物や、さまざまな種類の鳥、オカメインコちゃんも他のお店に比べてずっとたくさんおりました。ここでなら、きっと私たちにぴったりの子が選べるに違いない!!と思いました。



しかも、きちんと一羽一羽、別々のケースに入れられており、清潔な感じがグッドです。これだけ数がいて、それぞれわけて管理するのは、お金も手間もかかり、大変そうです。でも、その辺りがしっかりしっていて好感を持ちました。



本やネットなどの写真をみて、ルチノーといわれる白オカメちゃんか、白を基調にグレーのパール模様が入ったパールパイド、そのグレーの部分が少し茶色がかったシナモンパールパイドがいいかな、とお店を訪れる前からなんとなく絞ってはいました。



ところが、豊富に色々な子がいすぎて、まだオカメを見る目が養われていない私には、逆にどの子を選べばいいのか、戸惑いました。それでも、絶対今日はうちの子を決めて帰るんだ!!とはりきり、仕切りなおしました。



たくさんいすぎてよく分からなかったので、とりあえずあのHPの写真で見た、あのコロッとモチッとしたパールパイドちゃんを見せて下さい(一羽一羽、番号がつけられている)、とお店の人に言いました。




そらいもちゃんとの出会い。その②へつづく。

web拍手 by FC2

Theme : 鳥さんとの暮らし * Genre : ペット * Category : オカメインコのそら
* Comment : (0) * Trackback : (0) |
個別記事の管理2008-05-19 (Mon)
 「うりゃ~っ







 「どりゃ~っ







 「ふんぬぅ~っ











 「ふぅ・・・。」







水浴び大好きなそらいもちゃんに応援のワンクリック!!をよろしくお願いします


web拍手 by FC2

Theme : 鳥さんとの暮らし * Genre : ペット * Category : オカメインコのそら
* Comment : (0) * Trackback : (0) |
個別記事の管理2008-05-19 (Mon)
 「・・・。」







そらいもが我が家に来てから、今日でちょうど1ヵ月になります。写真は、お迎えして間もない頃のものです。



まだプラスチックケースで生活しておりますね



はじめは、虫用のケースで鳥さんを飼うことに少々の抵抗もありましたが、これがまた保温効果もあり、パニックを起こしやすいオカメちゃんにはたいへん重宝する必須用具なのですね。新しい大きなケージへ移動してからも、獣医さんへ行くときや、日向ぼっこをさせる時などに、今も利用しています。



ヒーターをかける位置に困り、なんとはりがねハンガーを変形させて吊るしてまっています。高さも低かったですね(ヒーターをかける都合で、当初予定していた上の方に設置できなくなってしまったのです)。1ヵ月たった今では、そらいも専用の棚もできて、すっかり定位置におさまりました



オカメインコはとても繊細で、お迎えしてから必ず多少体重は減るだろうということは、ペットショップのお姉さんから聞いてはおりましたが、我が家のそらいもも例外ではなかったようでして、しっかりと心配させてくれました。しかも、予想していた以上に体重が激減してしまったので、なんとか回復させるべく四苦八苦致しました。



現在は、体重も無事に回復しつつあり、元気いっぱい遊ぶようになって、そんなそらいもの姿をみるとほっとひと安心する飼い主なのでした。




新米オカメのそらいもです。ぽちっとワンクリック、エールの一票をお願いします


web拍手 by FC2

Theme : 鳥さんとの暮らし * Genre : ペット * Category : オカメインコのそら
* Comment : (0) * Trackback : (0) |
個別記事の管理2008-05-18 (Sun)
「えいえいっ!!ひもで遊ぶのにはまってるんだぁ







ランキングに参加しました。応援よろしくお願いします



「オカメインコをお迎えすることになったきっかけ。その②」のづきき。



家に帰って私とKくんは、うさぎさんとオカメインコのどちらをお迎えするのか話し合うことになりました。



私は、ペットショップを往復し、「ザ・オカメインコ」を読んですっかりオカメちゃんのとりこになっていました。しかし、なんとなーくうさぎさんの方惹かれている感じのKくんを察すると、「絶対にオカメインコがいい!!」とは言えませんでした。私がそう言ってしまうと、恐らくKくんは、「じゃぁ、そうしようか。」と言うと思ったからです。



ところが、Kくんの方も私がかなりオカメちゃんに惹かれていることを察してくれたのか、「Snowちゃんの方が家にいることの方が多いんだし、そんなに気に入ったのなら、オカメインコを飼ってみたら?」と言ってくれたのです



じゃーんそこで私もいかにオカメインコがすばらしい動物であるのか、本の受け売り知識を披露しました。そして、おしまいには、「ね!?オカメインコいいでしょ!!やっぱりオカメインコ以外は考えられないっ!!」とまで言ってしまったのでした。



オカメインコをお迎えすることが決まると、もう待ちきれなくなって、早速よいお店探しを始めました。初心者だし、より良いペットショップから元気でかわいい子をお迎えしたい!!そう思い、いくつかお店をまわって、インターネットでも調べました。そして、そう遠くないところに、とてもしっかりした小動物専門のペットショップを見つけたのです。



そこで出会ったのが、そらいもちゃんなのです。




「そらいもちゃんとの出会い。」につづく。

web拍手 by FC2

Theme : 鳥さんとの暮らし * Genre : ペット * Category : オカメインコのそら
* Comment : (0) * Trackback : (0) |
個別記事の管理2008-05-15 (Thu)
「ひまわり大好き







ランキングに参加しました。応援よろしくお願いします



「オカメインコをお迎えすることになったきっかけ。その①」のつづき。



さて、まずはオカメインコとうさぎさんの生態と飼い方などを知るために、本屋さんへ行くことになりました。



そこで、オカメインコを飼っている方たちなら誰もが知っているのではないかと思われる、かの有名な書籍、「ザ・オカメインコ」を手にとりました。



今思うと、さくらももこ氏の「いきもの図鑑」といい、またこの本に出合えたことこそが、私たちふたりに、オカメインコのそらちゃんという、すばらしい存在との人生を共にするチャンスを与えてくれたのです



オカメインコは、ほかの鳥さんと比べて臆病でおとなしい性格であること、歌やおしゃべりをする可能性があること、そして何より人にとてもよくなつく、ということを知り、オカメインコに大変な魅力を感じました。そして、あの日の丸ほっぺです



オカメインコに対する愛情がむくむくと沸いてきました。鳥さんに対する偏見の目が完全に消えたわけではなかったけれど、少なくとも羽がピンピン生えかけていて、みすぼらしいなぁと思っていた彼らはまだ赤ちゃんだったからなんだと知りました。生えかけの羽はちょっとキモさむいけれど、鳥さんは、わんちゃんやうさぎさんとは違って、毛ではなく羽毛なのです(あたりまえだけど、見慣れていなかったんです)



長いこと立ち読みをして(意外とお値段のはる本だったので、その時は買いませんでしたが、やはり大変良書であることを再確認し、後に購入しました)、オカメインコなる生き物のことをおおまかに知ることができると、私の頭の中はオカメインコでいっぱいになりました。そして、もう一度見に行こうよ、とKくんをひっぱって再びペットショップへと向かったのです。



すると、あら不思議!!同じお店の同じオカメインコちゃんたちなのに、すごくかわいく見えたんです。そしてその時から、「あぁ、オカメインコちゃんしか考えられないかもしれない…。」と思いはじめました。



とはいえ、その場で衝動的に購入するにはまだまだ知識がなさすぎるし、Kくんはうさぎさんの方にもかなり惹かれているように感じられたので、おうちで再検討、ということでその日は帰りました。




「オカメインコをお迎えすることになったきっかけ。その③」へつづく

web拍手 by FC2

Theme : 鳥さんとの暮らし * Genre : ペット * Category : オカメインコのそら
* Comment : (0) * Trackback : (0) |
個別記事の管理2008-05-13 (Tue)




ランキングに参加しました。応援よろしくお願いします



私はそれまで、パートナーであるKくんとのふたり暮らしでした。



「なにかペットでも飼いたいね」と最初に言ったのはKくんでした。動物が大好きな私は、この意見に大賛成で、大喜び



しかし、うちはマンションです。本来ふたりともわんこ派ですが、鳴き声が小さい動物がよいということで、はじめは猫ちゃんがいいかなぁ、と話し合っておりました。でも、猫ちゃんはお値段もご立派だし、賃貸であるマンションの壁紙を爪とぎでボロボロにしたら大変です。



じゃぁ、うさぎさんか鳥さんかなぁ、とふたりでなんとなく思っていました。



また、ちょうどその時期に、私はさくらももこ氏の本にはまっており、そのうちの一冊で、「いきもの図鑑」という本を読みました。その中にオカメインコが登場しており、確か私がはじめてオカメインコなるものを知り、興味を持ったきっかけが、それだったように思います。



そして、オカメインコとはどんな生き物なのか、ほかの鳥さんや動物も含めて、インターネットで調べました。



しかし実際に見てみないことには分からないということで、とりあえずペットショップへオカメインコとうさぎさんを見に行ってみようということになりました。



そして…、



やっぱり、同じ哺乳類だからなのか、うさちゃんはかわいかったです。



一方、オカメインコはというと…、あたりまえだけど、「あぁ、鳥っぽいなぁ・・・。」と思ったのです。オカメインコって、まぁるいほっぺがチャームポイントでとってもかわいいんだけど、ほかの鳥さんとは違うと思ったけど、やっぱり鳥さんなんですね。



この時の私は、恐らくあまり鳥さんという存在に対して、かわいいという気持ちが持てなかったんだと思います。鳥さんは、見ているぶんにはいいけれど、家族として愛せるのかなぁ、と不安に思いました。身近なようでいて、あまりに未知な存在だったのです。



しかも、ヒナちゃんは羽がまだはえそろっていません。そのことを知りもぜず、見慣れてもいない私は、オカメインコ含め、あまり鳥さんたちのことをかわいいと感じられなかったのです。



鳥さんのことをほとんど何も知らなかった私たち。飼うならなつく動物がいいなぁ、と思いました。



ちなみに私は、ハムスターは飼ったことがあります。フェレットも姉が飼っていたのをみたことがあります。両方ともとってもかわいいですし、人にもよく慣れますが、「なつく」というのとは違う気がして、私の中で候補には上がりませんでした(もちろん人それぞれですので、あしからず)。



そして、まずは飼い方なども含めて、よく知ろうということで、本屋さんで小動物の本を探しに行くことになりました。




「オカメインコをお迎えすることになったきっかけ。その②」へつづく。





web拍手 by FC2

Theme : 鳥さんとの暮らし * Genre : ペット * Category : オカメインコのそら
* Comment : (0) * Trackback : (0) |
個別記事の管理2008-05-12 (Mon)
よろしくね」



はじめまして。Snowkidです

そらちゃんをお迎えしてからもうすぐ1ヵ月になります。

これまで心配事も多々ありましたが、元気に成長しております

私も毎日格闘しながら、鳥さんの育て方を学んでおります

今日からオカメインコのそらちゃんと私の成長記録をぼちぼち付けていきたいと思っております。

よかったら、皆さん遊びにきて下さーい


ランキングに参加しました。応援よろしくお願いします
web拍手 by FC2

Theme : 鳥さんとの暮らし * Genre : ペット * Category : オカメインコのそら
* Comment : (0) * Trackback : (0) |