03≪ 2017/04 ≫05
123456789101112131415161718192021222324252627282930
個別記事の管理2009-06-02 (Tue)
こんにちは。久しぶりの更新となります。

あんまりマイペースにやっているもので、書きたいことが溜まってきてしまいましたー。



しかし、今日は大切なことから・・。



先週ミモルが病院に行ってきました。

右足の皮膚のただれたように色が変わっていたのです。原因はわかりませんが、もしかしたらリング(足輪/足環)のせいかな?と考えました。しかしさらに、反対側の左足もかさぶたみたくなっていました。もしかして、皮膚病かなにか?とも思いました。



ちいちゃなアンヨなので、分かりずらいかもしれませんが、下の写真でちょっと足の色が違う部分があるのが見えるでしょうか。







今回は、前回そらの健康診断のときに行った鳥専門の病院の先生に紹介していただいた別の病院に行ってきました。こちらも、鳥さん&小動物専門のお医者さまです。



結果・・、



自傷行為である可能性も考えらるとのこと・・。



鳥さんたちがストレスなどが原因でこういったことをしてしまうことがあるというのは、知識として知ってはおりましたが、いざ我が子のこととなるとやっぱりショック・・。



でも、もしかしたらリングが原因で、気になってしまってやっている可能性もあるということで、可能性があるものは取ってしまおうということになりました。



邪魔なリング。ミモルを迎える前は、リングってちょっとかっこいいな、なんて思っていたこともありましあが、実際、間近に見ているとわずらわしそう・・。以前から取りたいなーと思っていたので、よかったと思いました。



しかしこれが3人がかりの大変な作業でした。お医者さまがミモルをがっちり押さえ持って、私がペンチでリングを固定して、そしてマイパートナーが別のペンチみたいなのでガジッと切る、という具合に役割分担をしました。



私は、足とリングの間になるべく空間を作るような感じで、なるべく切りやすくなるようにがっちりリングを押さえる、という一番負担の少ない役であったにもかかわらず、すっごく緊張しましたっ・・!!下手したら、足を折っちゃうこともあると聞いていたからです。



麻酔をしてから外す、という選択肢もあったのですが、私たちはこちらの方法を選びました。何をリスクとするかは、その人その人によって考え方が異なると思いますが、小さな体に麻酔を入れるようなことはできる限りはしたくないというのが私たち飼い主の考えだからでした。



そして、ようやく外すことのできたリングがこちら・・・ 







ミモちゃんのかわいいアンヨが痛々しい・・。







リングを外す時に少し傷ついてしまいました。まず、リングの一か所を切るのですが、それだけじゃ外れないので、くるっと一回転させて反対側も切るのです。この時に、先に切られていたリングの切り口が当たってしまったようなのです。



私は、ミモちゃんのアンヨから血が出るのを見て、内心焦りましたが(どうやってケガしたのかすぐに分からなかったので)、お医者さまいわく、このくらいの傷は心配いらないとおっしゃったので少し安心しました。あぁ、でも、痛いは痛かったよねー・・!!ごめんね、ミモちゃん・・。よく頑張ったねっ!!!







大変だったけれど、やっぱりリングが取れてよかった!!ミモちゃん、すっきりしたかなー??



これで治ってくれるといいんですが・・。今は、ミモちゃん、お薬(抗生物質や痛みどめ)をお水に混ぜて、早く良くなるように頑張っています。今週、傷の治り具合を診ていただくためまた病院へ行く予定です。本来であれば、一週間程度で治る傷なのだそうです。もし、治っていなかったとすれば、新しく傷づいている・・つまりは、自分でやってしまっている、ということになってしまうそうです、残念ながら・・。



その場合には、今度は何がストレスになっているのかよく観察し、見定めなければなりません。単にストレスといっても、その子その子によって原因は様々考えられるそうだからです。



とにかく、今はそのことも頭に入れて、よくミモルの様子を観つつ、お薬を飲ませて早く良くなるように見守るばかりです。











にほんブログ村 鳥ブログ サザナミインコへ
応援してください
web拍手 by FC2

Theme : 鳥さんとの暮らし * Genre : ペット * Category : サザナミインコのミモル
* Comment : (0) * Trackback : (0) |
コメント







管理者にだけ表示を許可する