08≪ 2017/09 ≫10
123456789101112131415161718192021222324252627282930
個別記事の管理-------- (--)
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

web拍手 by FC2

* Category : スポンサー広告
|
個別記事の管理2008-06-26 (Thu)
 「パール模様がきれいでちょ!?」

 「うんうん、本当にキレイだねーっ

ん?そのおめめは、おネムなのかな?」












「そらちゃんのクシャミ。」のつづき。



パニックその①



オカメパニックというものがあるというのは、そらちゃんをお迎えする前から様々な本や、みなさまのブログ等で知ってはおりましたが、実際には一体どうなってしまうのか、経験がない分、とても不安でした。



そして、そらちゃんが我が家にやってきて数週間がたったある日のこと、それはついにやってきてしまったのです・・・。



その日、私はたまたま眠りが浅く、寝苦しさを感じながらうとうとしていました。すると、真夜中~明け方のことでした。カタカタという音が突然聞こえだしました。ガバリッと飛び起きて、慌ててそらちゃんの部屋へ向かう私とKくん。ケージの中で、バタバタと暴れまわっているそらちゃんを見てすぐに、「パニックだ!!」と、思いました。



「そらちゃん、そらちゃん。」と呼びかけてもおさまらなかったので、急いで電気を点けて再び「そらちゃん、大丈夫だよ。」と、呼びかけながら、扉を開けてやると、ようやく落ち着きを取り戻してまくれした。



そして、「あぁ、地震があったんだ。」と、後から気がつきました。それは、確か茨城県沖が発信源の地震で、私たちが住んでいるところもそこそこ揺れましたが、恐らく普段なら気がつかずに寝ていたと思います。



その時のパニックのせいで、そらちゃんは羽にケガをしてしまったのでした。しかも、約一時間後、再び眠りにつこうとウトウトしていると、何かの嫌がらせのようまた地震が起こりました。そして、またカタカタとパニックを起こしてしまっている音が聞こえてきたので、急いでなだめに行きました。



朝よく見てみると、片方だけだと思っていた羽の怪我が、両翼とも血がにじんでしまっていたのです・・・。



とても痛そうでしたが、幸いにも血はすぐに止まったようで、大怪我には至らなかったようでしたので、別件で獣医さんに行く機会はありましたが、自然治癒で回復しました。



しかし、その後は、ケージ内を見直し、寝る前には止まり木などを取り外すようになりました(うちのそらちゃんは、夜寝るときは、なぜか扉前の床で眠るので、問題ないのです)。



パニックその②



そのまた数週間後のこと、忘れかけたころに地震はまたやってきました。その日は、私は普通に熟睡しており、地震も比較的小さなものだったので、カタカタとそらちゃんがパニックを起こしている音に気がつくのが少し遅れてしまいました。



Kくんが先に気がついてくれたので、私も遅ればせながらそらちゃんのもとに駆けつけることができましたが、

すでにかなり負傷してしまっている後でした。



タイミングの悪いことに・・・、いえ、やはり飼い主の責任に他なりませんが、その時、いつも使っていた陶器の餌入れが欠けてしまっていたので、代わりにケージとセットで付いていたプラスチック製の掛けるタイプのものを使っていました。前回よりもかなり怪我がひどかったので、恐らくそれの角にぶつかってしまったのだと思いました。なにせ、血が・・・飛び散った後が残っており・・・、そらちゃんの様子も明らかにいつもと異なり、その日一日はずっと元気がありませんでした。



そして、いつもの獣医さんへ行こうと電話したところ、もし羽が折れてしまっている場合にはうちでは診られないと言われました。やはり、そこは鳥専門の病院ではないので、いざというときの為に鳥専門の獣医さんにも一度行っておく必要があるな、と改めて思いました。



幸い、今回も羽は折れてはいなかったようだったので、結局病院へは行かずにしばらく様子をみることにしました(クシャミの件で抗生物質を飲んでいたので)。そしてその後、徐々に元気を取り戻していったので、前回と同じくそのまま自然治癒に任せることにしました。



それにしても、その時の怪我は本当に痛々しく、しかもせっかく回復しつつあった体重が、そのパニックが原因でまたいっきに下がってしまったのですっ!!!だいたい85、6グラムまで戻っていた体重が、79グラムまで落ちてしまいました。でも、まぁ、数日でまた増えていったので、安心したんですけどね。



そらちゃん、本当にごめんね。これからは、十分に気をつけるからね!!!



パニックその③



最近、また地震でパニックになりましたが、止まり木も外し、餌入れも陶器の床に置くタイプのものにしたおかげか、大きな怪我にもならず、体重も落ちることなく元気でした(鼻の頭はちょこっとぶつけちゃいましたが)。



ところで、普段はなつめ灯を点けて寝ておりますが、パニックを防ぐほどには明るくはないですよね?しかも、いつもケージごとタオルで覆ってしまうのでなおさらあんまり意味ないのかな、って思ってしまいますが、少しは役に立つのでしょうか?小さな蛍光灯くらいは点けていた方がいいのでしょうかね・・・?みなさんは、パニック防止にどんなことを実践しているのでしょうか。よかったら、教えてください!!





web拍手 by FC2

Theme : 鳥さんとの暮らし * Genre : ペット * Category : オカメインコのそら
* Comment : (0) * Trackback : (0) |
コメント







管理者にだけ表示を許可する

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。